茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ククちゃん

インコのククちゃんが、天に召されました。

昨日からお腹の調子が良くなかったのですが、今朝は元気だったからすぐ良くなるって思ってました。

でも・・・仕事から帰っていつものように「クク、ただいま」って声をかけたのに、ククは冷たくなって、羽を広げて横たわってました。


悔やんでも悔やみきれないです・・・・・・

おかしいと思った時、すぐ病院に連れて行けば良かったのに、楽観視してしまったこと。
忙しさにかまけて、最近はあまり遊んであげられなかったこと。
大好きだからって、りんごをたくさんあげすぎてしまったこと。
子供がインフルエンザに罹った時、同じ部屋に寝せられないからと部屋を移動して、寒い思いをさせてしまったこと・・・・・・

いろんな後悔がどっと押し寄せて、子供たちとたくさん泣きました。
特にククのお世話をしていた次男はショックが大きくて、でもそれでもククのために、真っ赤に泣きはらした目をしながらもお花を買いに行きました。

ククは色とりどりの花がたくさん入った、ちっちゃなケーキの箱の中に眠っています。

明日の朝は、子供たちと3人で、次男の木である庭のライラックの根元に埋めてあげることにしました。
来年の初夏にはククの羽のような真っ白な花がたくさん咲くし、部屋の窓から一番近い場所にあるからククも寂しくないよね、という次男の希望です。
そしてそのライラックの花が満開になると、たくさんのハナバチが蜜やら花粉やらを集めにやってくるので、とても賑やかな、生命力に満ちた一角になるんです。
人なつこくて優しい性格のククだから、そういう場所が一番似合うんじゃないかな。


私は小学生の時に、可愛がっていたインコが死んでしまい、ショックのあまり熱を出したことがありました。
授業中は泣くのをこらえて血が出そうなほど唇を噛んでたり、給食が全く食べられなかったりしたのですが、とうとう5時間目に熱を出して早退しました。
そんな私に、母は甘くて美味しい飲み物を勧めてくれたのですが、それを飲んだらだんだん眠くなり、暗くなるまでぐっすり眠っていたのだとか。
そして不思議なことに、起きたら気分が良くなっていて熱も下がり、それと一緒に悲しみも少し薄れたような気がします。(でもしばらく鶏肉は食べられませんでしたが)
大好きなペットが死んでしまったショックが、ストレスになっていたんでしょうね。

ちなみにその時飲まされた飲み物は、自家製いちご酒を薄めたものだったそうです。


明日、次男はちゃんと学校へ行けるのかな・・・?
もしかすると、幼い日の私のように、ショックがストレスとして体に出るかも知れません。
その時はいっそのこと学校を休ませて、気持ちが落ち着くまで泣かせるのもアリだよね・・・?



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

川崎病の原因

これまで原因不明とされていた川崎病の原因らしきものを突き止めたと、昨日のインターネットニュースに出ていました。なんでも、日常どこにでもいる細菌が体内で増えて、それに対する過剰な免疫反応じゃないかということらしいです。
ガンマグロブリンを投与しても効き目のない患者さんに、菌を殺す薬を投与したところ、かなりの確率で回復したというのです。これからの川崎病治療に明るい光が差し込んだということですね。

実はうちの次男、1歳9ヶ月の時に川崎病をやってます。
とは言っても症状が揃わない不全型で、薬による治療は不要なほど軽かったのですが、それでもいちおう後遺症が残らないように心臓の検査は受けました。

次男がかかったのは、春先のことでした。
普段から寝つきの悪い次男でしたが、その日はいつにも増して夜中ぐずぐずしてたのです。
なんかおかしいと思って抱き上げてみると、まるでインフルエンザに罹ったかのように熱が高い!他に風邪症状もなかったし、時期が時期だけにインフルエンザに罹ってしまったのかもと思い、その時はできるだけ頭を冷やして、次の日の一番に病院へ行くことにしました。

ところが朝起きてみると、ゆうべあんなに高かった熱がまるっきりの平熱になって、お兄ちゃんと元気に遊びはじめたじゃありませんか。
知恵熱?ウンコ熱?でも便秘してないし・・・・???
食欲も普通だし、とても高熱を出した人とは思えない次男でしたが、だけどその姿には、いまひとつしっくりこないものがありました。

「・・・ありゃ?オタフクかなー?」

何となく顔がおかしいと思っていたら、左の首筋がボコンと大きく腫れていたのです。
ちょうどその頃、オタフク風邪が流行っていましたし、遊び仲間でもオタフクに罹った子がいたものですから、何の疑問もなくオタフクだと思ってしまった私。
まあいいか、男の子だから早いうちに罹ってた方がいいし、これで予防接種の8000円は浮いた ラッキー♪なんて鼻歌まじりに小児科へ連れて行きました。

ところが先生、問診して次男の首の腫れに触るなり笑顔が消えたのです。

「お母さん、これ、オタフクじゃないよ。悪い病気かも知れないから、血液検査してみようか。」
「悪い病気って・・・何ですか?」
「調べてみないと何とも言えないが、例えばガンとか・・・ですね」

・・・その瞬間、地獄に突き落とされたような気持ちになりました。
目の前が真っ暗になるって、その時が初めてでしたね。
血液を検査するため、暴れる次男を診察台に押さえつけていたのも、会計をしたのも、駐車場で友だちに会ったのも全部夢の中の出来事のようにおぼろげな記憶しかなく、家に着いた時は放心状態でした。
結果は次の日に出るということだったので、もうただただ祈っていたという記憶しかありません。
いま思い出しても、あの時以上に苦しい一日はなかったと思います。

幸いなことに、次男の血液検査の結果は「異常なし」でした。
首の腫れは半分までひき、熱もあれきり出ていません。先生は首をひねりながら「ばい菌か何か入ったのかなあ。抗生物質出すから、1週間後に診せに来て」と、血液検査の結果に笑顔になりながらも釈然としない様子。
でも悪い病気じゃないのが分かっただけで、私は緊張の糸がプッツリ切れてしまい、その日は親子3人で泥のように昼寝をしました。

そしてその夜のこと。
私はお風呂場で次男の病気の正体を突き止めたんです・・・!(ちょっぴりサスペンス風♪)

【つづく】





別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

回復♪

早めのリレンザ服用が功を奏したのか、次男はすっかり元気モードになりました♪
寝ているのも退屈らしいので、私のピンクの半天を着せてWiiで遊ばせていますが、このまま登校しても大丈夫なくらい元気です。とりあえず良かった

インフルエンザの症状といえば急な高熱ですが、その他の症状は人によってまちまちなんですねぇ。長男は咳がちょっとと鼻水。発症直後に頭痛がありました。次男はお兄ちゃんとは違い胃腸に来て、診察前に嘔吐・診察後に下痢しましたが、でも二人とも熱が下がると共に他の症状も治まっていきました。これもリレンザのおかげです。

でも以前は、副作用が怖いから抗インフルエンザ薬は使いたくないと思っていたんですよ。
私の親友のお子さんが、数年前にインフルエンザのA型にかかり、タミフルを服用した後に幻覚を見て大暴れしたという話を聞いていたので・・・。
その後ひとまずインフルエンザは良くなったのですが、それからすぐにまたインフルエンザの症状が出たため病院を受診。すると罹ったはずのインフルエンザA、しかも同じ香港型の反応が出たんだそうです。これはあまり例のないことなのだとか。
タミフルは前回のこともあり、その時はリレンザを処方されました。
1度目の服用の時は特に副作用も出なかったので「これで安心だ」と思っていた彼女でした。
ところが2度目の服用後、意識が朦朧としてろれつが回らなくなり、慌てて救急車を呼んだそうです。
病院に運ばれた時は、白血球数がかなりまずい状態だったそうで、何日間か入院しました。
抗インフルエンザ薬を使ったからこうなったのか、それとも使わなくともインフルエンザのせいでこんなふうになりやすい体質なのかはさだかではありませんが、お医者さんからは抗インフルエンザ薬は使わない方がいいとストップされているんだそうです。

一度だけでなく、二度も怖い思いをした彼女は、今この流行ですごく神経が高ぶっており、夜もよく眠れないと言っていました。
こういう罹患歴のあるお子さんは罹らないのが一番なのですが、基礎疾患がないという理由で、予防接種の優先度は一般の10歳と変わらないんですって。電話で相談してみても「前例がないから何とも言えない」で終わり・・・・私から見れば、前回のインフルエンザの時の症状が十分基礎疾患に値すると思うのですが、そのへんの線引きは難しいのでしょうか。柔軟な対応ができるほど、ワクチンが足りていないんでしょうね。

これから次男ご所望のタコヤキを買いに行って来ます
昨日も食べたんですけどね(笑)。長男がタコヤキ苦手なので、せめて次男と二人の時ぐらいはタコヤキではふはふランチです


別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨

またか・・・!

長男がインフルエンザに罹った時、一緒に罹らなかった次男。丈夫な子なので、きっと症状出ないで免疫だけついたのね~、と思っていました。それからどんなに人ごみに行っても、学校で流行しても罹りませんでしたから。

ところが、どうやら罹っちゃったみたいです
発熱して間もなかったため、検査では出ませんでしたが、この熱の上がり方は間違いなくインフルエンザ!
でもリレンザが効いて、さっきまで39℃の熱でうつらうつらしていた次男が、今はしっかりご飯も食べて、布団の中でDSできるまで回復しました。
明日の朝には、熱がひいているといいな。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

シラミの夢

強烈な印象の夢を見た時って、よく寝たつもりでもかなり疲れているものです。
ゆうべもなぜか「シラミ」が夢に出てきまして、朝起きたら、毎日頭を洗っているのに痒いような気がしました(笑)。

だけど一言に「シラミ」というけれど、私はシラミについてほとんど知りません。
母の小さい頃に、学校でDDTをふられてみんな真っ白になった、という話は聞いたことがありますが、シラミがどういう形をしているのか、どんな形で成長するのかなどは全くの無知でした。

夢に出てきたのは、櫛で髪を梳いたら白い幼虫がボトボト落ちてきた、というグロテスクなものでしたが、調べてみたらウジ虫のような幼虫の形態にはならないみたいですね。ウィキによると、卵→若虫→成虫となり、孵化するとすぐに血を吸うようになるんだそうです。
成虫の写真も載っていましたが・・・ちょっとお食事前には見たくない姿ですね
こんなのが頭にいたら、「いる」と思っただけで卒倒しそうです

けれどこの「シラミ」、夢に出てくるとお金持ちになれるという言い伝えもあるんだそうですよ。
私の夢に出てきたのは、その形からシラミではないような気がしますが(笑)、ここは良い方に解釈して、シラミだったってことにしよう♪
今年の年末ジャンボ、家のローン返せるくらい当たらないかなぁ

痒くなるようなお話、失礼しました~。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

また学級閉鎖~?

先週1週間、インフルエンザのため長男のクラスは学級閉鎖でしたが、今日から元気に登校しました。すでに罹った彼は、最初の頃こそ「ラッキー♪」なんて言ってましたが、友達とは遊べない、私は仕事だから家でひとりぼっち・・・3日目には「こんな暇なの、もうたくさんだ!」と文句言ってましたよ(笑)。
でもこれでようやく落ち着いてきたかな?と思っていた矢先、なんとさらに4クラスが学級閉鎖に!
今回は次男の学年(隣のクラス)も閉鎖になったので、次男のクラスも時間の問題です。
まったく、いつになったら落ち着くのやら・・・・今週末に予定されていた音楽祭も2週間後に延期されたので、休みの調整が難しくなってきました。
あ~、困ったもんだ。

景気もなかなか回復せず、そのせいなのかテナントで入っているスーパーの閉店時間が、昨日から1時間早まりました。
それに伴い、うちの店舗も1時間早まって夜7時閉店に。
お給料は減っちゃうけど、でも遅番でも子供たちと一緒に夕飯が食べられるのはいいですよ 8時まで子供たちだけで留守番させるのも心配ですしね。
子供たちも大喜びです。自分たちで夕飯の支度をしなくて済むので・・・(そこか!)

ところで、楽しいバトンをいただきました
ご覧になりたい方は、続きからどうぞ



また学級閉鎖~?…の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。