茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

眠れない・・・

お腹の調子も何とか少しずつ戻りつつある私。夜も2日ぶりにぐっすり眠ることができたんです。なのに外の騒音に起こされて、それから眠ることができなくなってしまいました それでこんなとんでもない時間に日記(愚痴)など書いてます。

私の町には、体育大学があります。運動が専門の大学ですから、当然元気いっぱいな学生が揃ってます。でもその元気が有り余っているのと、夏になると開放的になるのとで町民はいい迷惑!夜中の2時3時まで飲み歩き、大声で喋ったり歌ったり笑ったり、大騒音を撒き散らしながら町を闊歩するのですからたまったものではありません。夏は窓を開けて寝ていることが多いため、その大騒音がダイレクトに耳に入ってきます。

今日はそれが2度ありました・・・・・・一度目は女の子の声。夜中の1
時過ぎです。
「きゃ~、やーだぁ
・・・って、何してんのあんたたちっ!と言いたくなるような女の子の寄声で目が覚めてしまいました。今年に入ってよく真夜中に女の子の声が聞こえるようになったから、きっと入学したばかりの1年生なのでしょう。親元から離れて開放的になって遊び歩くのはいいけど・・・女の子なら、もうちょっとこう周囲を気遣うとか、迷惑ってものを考えて欲しいものですよ。

そして2度目は2時半のこと。大勢の男の子の笑い声でまたもや目が覚めてしまいました。
居酒屋から集団で帰るところなんでしょうね。大きな声で豪快に笑い、何やら盆踊りの歌らしきものを手拍子付きで歌い出したので、とうとう次男が起きてしまいました。そこでどんなヤツらなのか見てやろうと思い、網戸を開けてみたら・・・8人ほどはいましたね、体の大きな男子学生ばかりが。
本当は一言「うるさーい!!」と文句言ってやりたかったところですが、何せ我が家は旦那が不在です。もしも逆ギレとかされたら、対処のしようがありません。増してや相手は体ばかりを鍛えている若い男子学生・・・口では勝っても、殴りこまれでもしたら大変です。

それで騒音が過ぎ去るのを待って、また寝ようと思ったのですが、もう目が冴えてしまって眠れなくなってしまったのです~
おまけにお腹は気持ち悪いし・・・・・・。

でもひとつだけいいことが この気持ち悪さ、今までの病的なのとは違って、空腹の気持ちの悪さだったのです♪ そこでリビングに下りてきて、昨夜多めに作って冷やしておいたジャガイモのスープをペロリ♪ それでも空腹が治まらないので冷蔵庫を漁っていたら、無性に魚肉ソーセージが食べたくなってしまいました(笑)。
昨夜の夕食までずっとお粥とかドロドロ食ばかりだったのに、急に大丈夫かな・・・?とは思いましたが、しばらくタンパク質を摂っていなかった体は自然にギョニソーを要求していたんですね(笑)。さっき1本食べましたが、空腹感が治まっていい調子です

・・・話は戻って。学生たちの質が悪くなったのは、実はここ数年なんです。私は生まれた時からこの町で育ってきましたが、昔は真夜中に人の迷惑を考えないで大騒ぎするような学生はいませんでした。(その代わり、日中おかしなことやったり、夕方他人の家の屋根に向かってロケット花火を打ち上げたり・・・ってことはやってましたけど)
ゴミの出し方のマナーも本当に悪くて、曜日や時間なんかまるで関係ナシです。前なんか、女の子がパジャマにしてるようなスウェット姿で昼の11時にゴミ出しに行き、とっくに収集は終わっているのにも関わらず、手ぶらで戻ってきましたからね
親の教育が悪いのか、大学側で野放し状態なのか・・・。少なくとも私が通っていた短大では、日常生活のことについては結構厳しく注意されてましたけどね。

以前も、あまりにも向かいのアパートの騒音がひどくて、警察に通報したことがありました。何軒かの家から同じような通報があったらしく、翌朝警察官とか大家さんとかが来て大騒ぎになってましたよ。

毎年夏になると、この町に家を建てたことを激しく後悔する私・・・今年の夏は、何回安眠妨害されるのでしょう・・・
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<日に焼けた一日でした | 茶々の茶のみ話 | なかなかしつこい風邪です>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。