茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

バースデーケーキの今昔

今日は長男の10歳の誕生日なので、お気に入りのケーキ屋さんに注文していたバースデーケーキを引き取りに行ってきました。
このお店のケーキのクリームは、甘さ控えめで上品なコクのある生クリームです。あっさりとした甘みが好みの私や子供たちにとってはイチオシなんですが、がっちり甘いのが好みの旦那には少し物足りないんだそう。でも今週は仕事のために帰省できなかったので、心おきなく食べられます♪

そういえばケーキを注文しに行っても、今はもうバタークリームのケーキを置いているお店はほとんど見かけなくなりました。私が子供の頃はバタークリームが主流で、生クリームのケーキを置いているお店はこの辺ではなかったそうなんですけどね(母談)。仙台あたりにはあったようですが、かなりいいお値段だったそうです。

でもあのバタークリームのケーキって、すっごくくどくなかったですか?正直、子供の頃はバースデーケーキやクリスマスケーキが苦手でした。ツルンとしたクリーム地に、白やピンクでバラの飾りが乗っていて、見た目はとても綺麗だけれど、美味しく食べられるのは初めの3口ぐらい。中のクリームもくどくて好きじゃなかったけど、表面のバタークリーム(ホワイトチョコとブレンド?)が薄い板チョコみたいにパリパリしてて食感が苦手でした。なんか妙に洋酒がききすぎてたし。子供にはちょっとキツいですよ。
結局どんなに小さく切ってもらっても、半分は残していたような気がします。

それでも年の数だけ立てたロウソクをフーッと吹き消して、バースデーソングを歌ってもらって、バラの花を優先的に乗っけてもらうという、これから起きるイベントはたまらなく魅力的で、わくわくしながら何度もケーキの箱を開けていましたっけ(1月生まれなので、ケーキは冷蔵庫には入れず、寒い廊下に置かれてました)。
バタークリームのケーキ、ノスタルジックです
でもいま出されたら、おそらく一口でギブアップですけどね
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<草ぼうぼう | 茶々の茶のみ話 | 我が家の夏のプロジェクト>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。