茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

信用できないもの

私は訪問販売というものを、電話勧誘と同じくらい信用していません。だって本当に良いものだったらわざわざ人件費かけて売らなくても、TVとかネットでだって売れるはずですもん。それになぜか、セールスや電話がかかってくるのは忙しい時間ばかりなので、貴重な時間を奪われたという意識しかありません。

一昨日も、引越しの片付け作業の最中に一人やってきました。

「こんにちは。私、東北電力のほうから来ました、○○の△△と言います。今日は電気代の節約につてのご提案で参りました。」
「はあ・・・電気代ですか。」

この時ちらっとネームプレートを見る私。
聞いたこともないような会社名です。そして小さくでも書いてあるはずの「東北電力代理店」の文字はどこにもない。おそらく「東北電力のほう」というのは、「東北電力の方角」という意味だったのでしょう。あとからネットで会社のHPを見てみましたが、やっぱり東北電力とは何の関係もなかったことをご報告しておきます。

「もしかして、太陽光発電?よく来るんですよ・・・」
「そうなんですか!私どもは太陽光発電ではないです。それって週に1度くらい来るんですか?」
「週イチじゃないけど、月イチくらいで。訪問とか電話とか・・・うち買う気もないしお金もないから、来られても迷惑なだけなんですけどね~」

太陽光発電のセールスなら、この一言で撃退終了だったんですけど・・・微妙に路線がズレてました。でもこのセールス、なかなか自分が売りたいものを明かしません。思い切り法律違反してんじゃん!と思いましたが、どこまで隠しておくのか見てることにしました(私もけっこう意地悪ね・笑)。

彼は深夜電力と通常電力の料金の違いとか、うちでかかっている光熱費(電気+灯油)が一番高いパターンだとか、休む暇なく話し続けます・・・が、口調がまるでテキストを読んでるみたいなので、笑いを堪えるのが大変でした(笑)。

その本読み口調の中に、やっとチラリチラリと売りたい商品が出てきたのは、なんと話し始めてから約15分後のこと。どうやら彼は、電気給湯器を売りたかったようです。

「電気給湯器ね。うちは買えませーん。お金ないから。」

はっきりこう言えば帰るかと思ったけど、私が甘かった(笑)。こういうセールスはこんな時のための説得方法もきちんと勉強なさってます。しかも日本人の国民性を微妙につついてますよ。

「設置するのには負担がかからないんです。今かかっている光熱費は半分になるわけですし、政府も後押ししていますのでね。だから皆さん、次々と灯油から電気に変えられてるんですよ。」

ははぁ・・・・こういうことね。
まったく、何とでも言えるもんだと呆れました。

「ふう~ん・・・結局、今かかっている光熱費が浮いた分を、おたくの電気給湯器の代金に当てましょうということですよね?でもそれって本当に負担がかからないわけじゃないですよね。」
「・・・まあ、そういうことですね」

くぅ~っ!うそつきめ・・・!!
いつかは電気に・・・とは思っているけど、うちの給湯器はまだまだ元気だし、いくら深夜電力を使って光熱費が安くなったところで、給湯器にお金かければ出て行くお金は一緒です。いや、むしろ高くなる可能性だってありますよ。

「申し訳ないけど、そういう売り方って私も主人も好きじゃないんです。しばらく買うつもりもないし・・・お引き取りいただけます?」

こう言われちゃ、相手もセールストークを続けるわけにもいきませんよね。わりと素直に帰っていきましたっけ(笑)。
ちなみにこの会社、HP見てみたら24時間風呂を売ってました。
いったい、何件買わされたんだろう・・・・やっぱり、訪問販売は頭から疑ってかからないと怖いですね。

ところで、前述の日本人の国民性について。
カラーで書いた場所ですが、なぜ日本人の国民性なのかわかりましたでしょうか。
こんなジョークを聞いたこと、ありますか?私はこれを聞いた時、すごく納得してしまいましたよ(笑)。

豪華客船が沈没して、多国籍の人々が、救命ボートに乗りました。

しかし定員オーバーで、男の人たちに降りてもらわないと沈んでしまいます。そこで、人々は

アメリカ人に対しては、
「あなたはここでヒーローになれる」
と言いました、アメリカ人は、ガッツポーズをして海に飛び込みました。

次にイギリス人に対して
「あなたは紳士だ」
と言いました、イギリス人は、うなずいて海に飛び込みました。

ドイツ人に対しては
「あなたは、飛び込まなくてはならない、それがルールだ」
と言いました、ドイツ人は納得して海に飛び込みました。

日本人に対しては
「あなた、飛び込まなくていいんですか?ほかの男の人は、みんな飛び込みましたよ」
と言われました、すると日本人は、左右を見渡すと慌てて海に飛び込みました


日本人の国民性を、うまく表していると思いませんか?
この他にも下記のURLで国民性がいろいろ紹介されていますので、興味のある方はぜひ訪れてみてくださいね。

http://www.geocities.jp/asamayamanobore/joke/taminzoku/gouka1-50.html
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<はっくしょーーーん!! | 茶々の茶のみ話 | キンモクセイの香り>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。