茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

心ない飼い主

今朝、実家の犬のトリミングのため、かかりつけの動物病院まで送ってきました。
以前は町内のペットサロンでトリミングしてもらっていましたが、もう老犬ですし、心臓もかなり弱っているために、病院でトリミングしてもらっています。

早い時間だったためか、待合室は猫を抱いた女の人と、犬を連れた男の人だけでした。ところがその割には賑やかだなぁ・・・と見回してみると、なんと隅に置かれたケージの中で、生まれて間もない子犬たちがキュンキュン鳴いていたのです。

仔犬たちは昨日の夕方、動物病院の庭に捨てられていたんだそうです。
男の子が3匹と、女の子が3匹。真っ白な子、薄茶が混じった子、ブチの子・・・・みんな本当に可愛いんですよ。思わずぎゅーっと抱きしめたくなるくらい!!
そんな可愛い子を、どうして捨てたりするんでしょう・・・?そりゃ6匹も飼えないのはわかりますが、でも生まれたからには、責任を持って飼い主をみつけてあげるのが筋ってもんです。

あどけない無垢な瞳が、「ボクを連れてって」と訴えているようで、ものすごく後ろ髪引かれました。
できることなら飼ってあげたい・・・・でも息子が動物アレルギーでは、飼うわけにはいきません。
何度も心の中で(ごめんね)を繰り返しながら病院を後にしました。
いい飼い主さんが見つかるといいな・・・
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<美味しくなあれ | 茶々の茶のみ話 | 言葉のちから>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。