茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

美味しいご飯♪

今朝、何気なくテレビを見ていたら、お米の研ぎかたについてやっていました。
私は高校生で時々夕飯の支度をするようになりましたが、それから今まで、ずーっと同じ研ぎかたをしてきました。まず水を入れたらガシガシ、ギュッギュッと力を入れて研ぎ、水のにごりがほとんどなくなるまで研ぎ続けるのです。
でもこのやり方だと、美味しいご飯にはならないんだそうですよ。

たしかに、私の炊く最近のご飯はあまり粒が立っていなくて、ベタついて美味しいとは言えませんでした。昔はそれなりに美味しく炊けていたような気がしていましたが・・・。

理由は、昔に比べて精米の技術が進歩したからなんだそうです。
今の精米はほとんど糠が残らないため、あまり研がなくてもいい・・・というか、研ぎすぎると米が傷ついたり割れたりしてデンプンが流出、結果ベタベタして美味しくないご飯になっちゃうんだそうですよ。お湯で研ぐのもNG(真冬の間はやってました)。
同じお米でも、どうせなら美味しく食べたいですよね!それを見て、深~く反省。

そこで早速、我が家でも試してみました
テレビで紹介していた手順は、

 ①ザルを重ねたボウルに水を張る。
 ②米をその中に入れ、優しく泳がせるように洗う。
 ③ザルを上げて水を捨てたら、そのまま5分おく。
 ④炊飯器に米を移し、分量の水を入れたらスイッチを入れる。

正直なところ、糠くさいんじゃないかと思いました。
でも炊き上がったご飯を見て、目からウロコが落ちましたよ・・・!!
一粒一粒がツヤツヤと立っていて、食べると甘いんです~
糠くさいなんてとんでもない、今まで捨ててしまっていたお米のうまみがギュッと凝縮されている感じで、なんてもったいないことをしていたんだ私は!と自分を責めましたよ(笑)。
この美味しさの違い、子供の舌でもわかったそうです。
まだお昼にならないのに、「美味しい美味しい!」ともりもり食べてましたから

このやり方だと、美味しく炊けるほかに、手が荒れない・冷たくならない・時間が短縮できるというメリットがありますので、「お?」と思われた方はぜひお試しあれ

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<お疲れ抜けない毎日 | 茶々の茶のみ話 | 春だから?>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-14 Tue 21:14 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。