茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

茶々さんちの北海道旅行【その3】

私が小学校5年生の時に行った洞爺湖は、わずかに記憶の片隅に残っている程度です。
というのも洞爺湖には宿泊せず、火山科学館と昭和新山を見て、すぐに登別へ移動してしまったからでした。
そのぶんも今回の旅行では、たっぷりと洞爺湖の美しい風景を堪能して参りましたよ

宿は洞爺湖に面した、なかなか落ち着いた感じのホテルでした。
面白いことに1Fのロビーは湖に筒抜けになっていて、そのまま湖畔の散歩道に抜けることができるんですよ。壁はなく、夜になると収納してあったガラス戸を閉めるみたい。なかなか粋な演出ですよね。

そしてそして、お風呂がめっちゃ最高ー
最上階の浴室から外に出れば、そこは湖を見渡せる露天風呂です。
夜中に女湯と男湯が入れ替わりになるため、どちらにも入りましたが、片方の露天風呂は屋根がかかっていないので、まさに「天空の風呂」なんですよ。こういうお風呂、今まで入ったことなかったです。
こんな贅沢をしていいのだろうかと思いつつ、うっとりと湖を眺めながら浸かっておりました・・・・・・ここで命の洗濯をしたから、きっと10歳は寿命が延びましたね(笑)。今回はお風呂で宿を選んでみましたが、お風呂だけでなくお食事も雰囲気も、従業員の対応もバッチリな大当たりの宿でした♪

ところで、洞爺湖では毎晩花火が上がるんですよ。
たしか3月から10月あたりまで、本当に毎晩。湖に浮かべた舟から打ち上げるのですが、これがちゃっちいものじゃなくて、ちゃんとした大きな花火を惜しみなく上げるのです。
舟は移動しながら花火を打ち上げていくので、洞爺湖温泉のどこからも綺麗に見えるんですって。しかも湖面に映るから明るさ2倍、とってもとっても幻想的 温泉プラスアルファを求めるなら、洞爺湖は絶対オススメです!!

だけど、ひとつだけ不思議なことがありました。
洞爺湖のどこへ行っても、耳に入ってくるものの半分以上は中国語か韓国語なのです。
洞爺湖以外でも中国語はよく聞きましたが、洞爺湖は特に多かったですね。エレベーターでも日本人と一緒になったのは一度きりでしたし・・・・一瞬「私は外国へ来たのだろうか」って思っちゃったくらいです。
でも大勢の外国の方がここを宿泊地に選ぶのですから、やっぱり洞爺湖は魅力的なところなんですよね。


3日目は午前中いっぱい火山のお勉強をして、次なる宿泊地へ3時間半かけて移動しました。地図で見るとすぐ着きそうな気がするのに・・・・やっぱり北海道はでっかいぞ!!


スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<茶々さんちの北海道旅行【その4】 | 茶々の茶のみ話 | 青葉城跡にて>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。