茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

回復♪

早めのリレンザ服用が功を奏したのか、次男はすっかり元気モードになりました♪
寝ているのも退屈らしいので、私のピンクの半天を着せてWiiで遊ばせていますが、このまま登校しても大丈夫なくらい元気です。とりあえず良かった

インフルエンザの症状といえば急な高熱ですが、その他の症状は人によってまちまちなんですねぇ。長男は咳がちょっとと鼻水。発症直後に頭痛がありました。次男はお兄ちゃんとは違い胃腸に来て、診察前に嘔吐・診察後に下痢しましたが、でも二人とも熱が下がると共に他の症状も治まっていきました。これもリレンザのおかげです。

でも以前は、副作用が怖いから抗インフルエンザ薬は使いたくないと思っていたんですよ。
私の親友のお子さんが、数年前にインフルエンザのA型にかかり、タミフルを服用した後に幻覚を見て大暴れしたという話を聞いていたので・・・。
その後ひとまずインフルエンザは良くなったのですが、それからすぐにまたインフルエンザの症状が出たため病院を受診。すると罹ったはずのインフルエンザA、しかも同じ香港型の反応が出たんだそうです。これはあまり例のないことなのだとか。
タミフルは前回のこともあり、その時はリレンザを処方されました。
1度目の服用の時は特に副作用も出なかったので「これで安心だ」と思っていた彼女でした。
ところが2度目の服用後、意識が朦朧としてろれつが回らなくなり、慌てて救急車を呼んだそうです。
病院に運ばれた時は、白血球数がかなりまずい状態だったそうで、何日間か入院しました。
抗インフルエンザ薬を使ったからこうなったのか、それとも使わなくともインフルエンザのせいでこんなふうになりやすい体質なのかはさだかではありませんが、お医者さんからは抗インフルエンザ薬は使わない方がいいとストップされているんだそうです。

一度だけでなく、二度も怖い思いをした彼女は、今この流行ですごく神経が高ぶっており、夜もよく眠れないと言っていました。
こういう罹患歴のあるお子さんは罹らないのが一番なのですが、基礎疾患がないという理由で、予防接種の優先度は一般の10歳と変わらないんですって。電話で相談してみても「前例がないから何とも言えない」で終わり・・・・私から見れば、前回のインフルエンザの時の症状が十分基礎疾患に値すると思うのですが、そのへんの線引きは難しいのでしょうか。柔軟な対応ができるほど、ワクチンが足りていないんでしょうね。

これから次男ご所望のタコヤキを買いに行って来ます
昨日も食べたんですけどね(笑)。長男がタコヤキ苦手なので、せめて次男と二人の時ぐらいはタコヤキではふはふランチです

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<川崎病の原因 | 茶々の茶のみ話 | またか・・・!>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-11-13 Fri 23:57 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。