茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

楽しかったです♪

楽しい時間ほど早く過ぎるといいますが、本当にそうだと思います。
あんなに首を長くして待っていた旅行は、何だか夢のように終わってしまいました。

うちの子供たち、小さい頃は「旅行に行く」というよりは「引っ張り回される」イメージが強かったんです。あまり外泊が好きではなかったんですね。なのでどこかつまらなそうだったり、ホテルに着いたと思うと「ねぇ、いつ帰るの?」なんて言ってみたり。親は「少しでも脳みそのシワになれば」と思って連れて行くんですが、期待はずれの反応にがっかりすることもしばしばでした。
でも6年生と4年生になり、「旅」を自分なりに楽しめるようになったようで、今回の旅行はかなり満足できたようです。あと2~3年もすれば親となんか歩きたくなくなる年齢・・・・もしかして、すご~く貴重な旅行だったのかな?(笑)

それにしても旅行の前日の仕事中は、ものすごくドキドキしてましたよ(笑)。
いつ「シフト代わって」の電話が来るんだろうと思うと、本当に気が気でなかったです。最悪、トンボ返り状態になってしまいますから・・・・それじゃ何のために行くんだかわかりませんからね
K様、T様、ご心配くださってありがとうございました!!
今日の仕事は彼女と交代でしたが、なんか元気だし、辞める気配はなさそうでした

さて今回の旅行の一番の目的は、「20年前のわんこそばリベンジ」!
以前日記でも書きましたが、20年前にわんこそばを食べた時は、前日くちびるを犬に噛まれてたったの1杯しか食べられなかったのです。そこで旦那が私のトラウマを解消しようと(自分ではトラウマになっているとは思ってませんでしたが・笑)、今回の旅行の行き先を岩手にしたってわけです。

行った先は「や●屋花巻総本店」。宮沢賢治もよく通っていたというおそば屋さんです。
子供たちは「50杯食べてやる」とか「俺は60杯くらいいけそうだ」とか、それぞれ予想を立てていました。ちなみに私が自分で立てた予想は「45杯くらい」。

だけど結果は、たったの30杯でした。
わんこそば10杯=かけそば1杯だというから、私はかけそばを3杯食べたことになるのですが、自分的にはもっといけるような気がしてたんですよ(笑)。多分、ダイエットする前の私なら40~50杯はいけたんじゃないかと思います。でも胃が小さくなってしまったので、思ったほど食べられなかったんですよね
しかも椀が空になるとすかさず次のおそばが投入されるので、妙に焦って味わっている暇がないっ!!
いつもならおそばを食べる時は、味と香りを楽しみながら食べるのですが、今回は「うす味だ」と思っただけで、そばの香りがどんなだったかは全く覚えていません。
もう、ただただお腹が苦しくて(笑)。でも20年前のリベンジができて良かったです
ちなみに長男は33杯、次男は26杯。旦那は63杯食べて、大食い認定証(小結)をもらいましたヨ

この後は、宮沢賢治童話村へ。

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<イーハトーブ | 茶々の茶のみ話 | 無事に行けそうです>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。