茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

なつかしき旧友

今日は、来年1月1日に行われる中学校の同窓会の準備のため、同級生の家で案内状の発送作業をしてきました。
ちょっとお手伝いのつもりが、いつの間にか名簿管理&専用ブログ担当になってしまった私。ついでに問い合わせメールの窓口もうちのポンコツPCになってます。まあ、一番嫌いな「目立つ」仕事じゃないのでいいんですけどね 私は人前でしゃべるのが大の苦手だけど、縁の下の仕事はソツなくこなすタイプなので、適任じゃないかと思ってます。

私の中学校の同級生は全部で315人。友達もたくさんいました。だけどその中にいない、今どうしているのかとても気になっている友達もいます。

それは小学校3年生の時にベッドスクールに行ってしまった、あっちゃん。


小学校低学年の頃の私は体が弱く、とても引っ込み思案な子供でした。それでも1年生・2年生はクラス替え・担任の交代もなかったので、周りに心配されながらもなんとか元気に終えることができました。

そして3年生、初めてのクラス替えで、あっちゃんと同じクラスになったのです。


初めのころは新しい環境に慣れなくて戸惑ってばかりの私でしたが、1学期の中ごろくらいから帰る方向が同じだったあっちゃんと仲良しになりました。
2年生までは時々いじめられて「友達が怖い」と思うこともあったのですが、おおらかで優しいあっちゃんと友達になってからは、「友達っていいな」と心から思える日々を送っていたんです。
今と違って田んぼだらけだった昔。ランドセルを置いてから、遠くまで帰るあっちゃんと一緒に田んぼのあぜ道を歩いたことや、帰りに夕焼けの中で「また明日遊ぼうね」と約束したこと・・・・今でも鮮明に覚えています。
心から信頼できる、初めての友達だったんですね。


だけどちょっと休みがちだったあっちゃんが、夏休みを前に突然転校することになりました。

転校する先は、ベッドスクールでした。

あっちゃんは腎臓が悪かったんだそうです。でも遊んでいる時は本当に元気だったので、病気だなんて子供だった私にはとても信じられませんでしたし、「元気になったら帰ってくるから」と先生から言われていたので、私もすぐにまた会えると思っていたんです。


だけど、あっちゃんは帰ってきませんでした。

手紙も2,3通やりとりしたけれど、返事が来ないまま4年生に進級。
心の底ではあっちゃんのことが気になりながらも、誰にたずねるわけにもいかず、そしていつの間にかあっちゃんのことを忘れてしまい・・・・・・けど、今回名簿を作成していたら、ふとあっちゃんのことを思い出したんですよね。

元気でやってるかな。どんな大人になったんだろう。
あのとき返事が来なかったのは、きっと元気になって他の土地に引っ越したんだよね?
病気が治って、新しい友達がたくさんできたからだよね・・・?
そうだったらどんなにいいだろう。
同じ空の下で、家庭を持って、子供たちと笑っているあっちゃん。
元気で幸せに暮らしていたらいいなぁ・・・。


へへ・・・なんだかちょっと感傷的になっちゃいましたね。

自分の子供たちよりも小さかった頃の話。
たまにはこんな思い出に浸るのも悪くないかも知れません。


♪K様♪
拍手コメント、ありがとうございます!お返事は前回のブログのコメント欄にあります。前回ブログにもメモしましたが、スクロールしないと見えなかったので念のためここにもメモしておきますね

スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<今年もやってきました、はらこ飯の季節♪ | 茶々の茶のみ話 | アメリカさんとオーストリアさん>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。