茶々の茶のみ話

茶々ののんびり日記です。どうでもいいようなことがつらつら~っと書いてあります。 お茶のみ話感覚で読んでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

3月13日

私はこの日、震災後初めて泣いた。

それまでずっと泣くのを我慢していたわけではない。津波で大勢の人が犠牲になったのも知っている。胸が痛み、泣きたい気持ちは充分にあった。だけど涙が出て来なかったのだ。

それは窓から外を見た時のことだった。
重たい音をさせて、カーキ色のトラックの列が家の前を走ってゆく。自衛隊のトラックだ。
よく見ると、トラックの前と横に「災害派遣」と書いてある。三重県から来た部隊だった。
その文字を見た時、「ああ、ここは被災地なんだ。被災地になってしまったんだ」と初めて実感した。
その瞬間、涙がぶわっと溢れてきて、同時にいろんな感情が湧き上がってくる。
電気も水も止まってしまった。道路は歪み、電柱は傾き・・・つい2日前までは穏やかな時間が流れていた町が悲惨な姿に変わった。夜は全くの暗闇にのまれ・・・・そして何より、一家の長が東京で足止めを食らっている。
不安で不安で仕方がない。いつ電気はつくの?水は?食べ物は?そして原発はどうなっている・・・?

そういう心細さの中で、国内・海外から続々と救いの手が差し伸べられているのを知った時、それまで出てこなかった涙が一気に溢れ出たのは私だけではない。
それまで気丈に頑張ってきたみんなが同じことを口にした。
人の心の温かさ、人の手のありがたさがこんなに身にしみたことは、それまでなかったかも知れない。
大きな試練の中に放り出された私たちにとって、その存在がどんなに心強かったことか・・・!!と。


その日は早朝5時から水を求めて小学校に並んでいたので、すっかり冷え切って疲れてしまった。おまけに寒さのせいで腰痛もピークに達している。
妹たちの水の容器も一緒に持っていき、先に並んで順番を取っていたのだが、義弟と合流したのは1時間半後のこと。どうやら寝坊したらしい。かなりムカッときたけど、そこは我慢我慢。

私は原発の心配もあって子供たちを二人だけで家に残してきたのだが、もうすぐ水がもらえるあたりで大きな余震が来た。外で立っていても結構大きな揺れと感じるほどだったから、4か5弱くらいはあったと思う。携帯は相変わらず死んでいて連絡が取れないので、なにごともないのを祈る他ない。

やっと水をもらって帰宅した時、私はそれまでついたことのないような大きなため息をついた。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 | 3月12日 ②>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2012-11-15 Thu 03:29 | | #[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
2013-01-26 Sat 08:22 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 茶々の茶のみ話 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。